奄美大島 高倉みそ 500g

420円(税込)

奄美大島の魚味噌

このお味噌はお味噌汁用の味噌ではなく、お茶請けみそとしてお召し上がりください。高倉みそに、上白糖、鰹節、ムロアジを茹でて身をほぐしたものを混ぜると大変おいしく頂けます。
大豆があまりつぶされていない状態のため、食感や香りがとてもよくホクホクのご飯の上に載せて食べるととてもおいしいです。
魚のほかに豚肉やコウイカを混ぜてアレンジしてもお使い頂けます。
お酒好きの方はお酒のおつまみにもオススメです。

魚味噌

味噌は味噌でも噛みしめる味噌です。

奄美大島の粒味噌は、大豆や麹の粒が大きく食感を楽しむ味噌です。
そのまま食べるとほんのり甘いですが、かつお節や魚、豚、砂糖などと混ぜ合わせることによって全ての素材の旨みを引き出す食材となります。奄美では昔からソテツの実を潰してお味噌にした(ナリミソ)という味噌があり島に住む人々にとっては大切な栄養元でした。 長い歴史の中で味噌に具材を混ぜ合わせることによって食材の保存方法や食べる楽しみ、食材の旨みを引き出す技術が確立されてきました。
奄美大島で今でも好んで食べられる粒みそには、人々を笑顔にする美味しさと、食材の良さを生き生きと輝かせる秘密が隠されています。

お弁当やお酒のおつまみに

奄美大島ではお茶請けとしてもだされる粒味噌。魚や豚肉を混ぜて魚味噌(方言で、いゅみそ)や豚味噌としても好んで食べられます。また、ゴーヤを混ぜ炒めてつくるゴーヤチャンプルーなどは夏にはもってこいの調味料です。少し甘めですが、お弁当のごはんの上にちょっと乗せたり、おにぎりの具材として使ったり、お酒のおつまみとしてつまむにはもってこいの食材です。
一番のオススメは魚味噌や豚味噌などを炊きたてホクホクのご飯の上に乗せて食べると、とってもおいしく頂けます。

イメージはありません。